これからの北海道の住まいは、

エネルギー
自給自足する
「夏・冬W発電」
新常識。

家計にやさしい“エネサブ”で
実現します!

これからの住宅は、イザというときもマイホーム発電できる家。
夏はソーラー、冬はコレモ。
北海道でも1年中安心のW発電が、
月々13,225円の“エネサブ”システムでご利用いただけます。

資料請求・お問い合わせはこちら!

W発電ってなんだろう?

札都は考えました。
W発電は、これからの
北海道の防災のカタチ。

気象予報士・防災士の
菅井貴子さんが聞きました。

気象予報士・防災士 菅井 貴子さん

横浜市生まれ。明治大学理工学部数学科、北海道大学大学院教育学部を卒業。「気候多様性から見た地域活性化」において修士取得。NHKキャスターを経て、現在は、北海道文化放送(UHB)「みんなのテレビ」にて気象キャスターとして出演中。気象予報士・防災士・CFP(国際上級ファイナンシャルプランナー)・健康気象アドバイザー・科学技術エコリーダーの資格も有する。北海道環境審議会委員・NPO気象キャスターネットワーク会員日本生気象学会会員。
著書に「北海道の自立戦略を考える」(中西出版)「なるほど!北海道のお天気」「北海道のお天気ごよみ365日」(ともに北海道新聞社)等がある。

movie01 メリット1

北海道の災害と防災を背景とした、
W発電住宅開発の経緯、
コレモとソーラーを備えた住宅のメリット、
防災およびエコという観点からの
W発電住宅の意義を表します。

movie02 メリット2

北ガスと東京電力グループTEPCO
ホームテックに取材。コレモとソーラー、
それぞれの特性やメリットを表します。

movie03 メリット3

初期投資や月々の支払いなど、
W発電住宅のコストについて説明。
家計と環境に「Wやさしい」住宅であることを表します。

ここがポイント!

W発電で家族の笑顔を
MAMORU家。

あのとき、北海道は
「電気が使えない不自由」を
実感しました。

2018年9月6日に発生した北海道胆振東部地震により、北海道では全域が停電になるブラックアウトという非常事態を経験しました。そこで、札都は東京電力グループTEPCOホームテックと北ガスグループと共同で「W発電住宅」を開発。ソーラーとコレモを備えた、災害から「家族の笑顔をMAMORU家」を提案します。

夏はソーラー、冬はコレモで、
1年中安心のマイホーム発電。

暖房を使わない夏季間はソーラーで、暖房を使う秋から春まではコレモで、北海道でも1年を通してマイホーム発電がご利用できます。地震や台風により電気が使えないという状況でも「W発電住宅」なら安心。省エネ、エコという観点からも、「W発電住宅」は賢い選択です。

初期費用は0円、月々13,225円の
“エネサブ”システムを採用。

「W発電住宅」は、“エネサブ”システムという定額制サービスを採用。初期費用0円で設置でき、10年間届く非常食セットをプラスして、月々のお支払い13,225円(税込)のみでご利用できます。(定額費用の算定条件:太陽光発電システム 、利用期間 10 年間 の場合)

※“エネサブ”システムは、東京電力グループ TEPCO ホームテックが提供する「エネカリ」サービスを利用しています。

W発電で、どれだけおトク?
家計にやさしいシステムです。

ソーラーとコレモにより作られた電気をご自宅で消費する「自家消費」が増えることで、普段の電気料金がグッとお安くなります。さらに、余った電力は電力会社に売電することができ、収入を得ることができます。一般の住宅と比較すると、年間の光熱費は148,913円もおトクに。月々のお支払分が相殺され、わずかなご負担でW発電をご利用できます。

<笑顔をMAMORU家づくり>
「W発電」とイマドキ家族の防災を体感。常設デザイナーコラボハウス
住宅デザイナー タブチキヨシ監修防災住宅

新琴似8条7丁目

常設デザイナーコラボ
モデルハウス
住宅デザイナー
タブチキヨシ監修防災住宅

住宅デザイナータブチキヨシの思いが詰まった
お洒落でかわいい空間造作!
ファミリークローク・シューズクロークが完備され収納豊富!

笑顔をMAMORU家づくり。「暮らしに防災」
お引渡し後10年間「非常食セット」
毎年1回お届け!

コレモで発電している電気は停電時も利用可能
(※コレモ稼動中に停電になった場合)

住宅デザイナー
タブチキヨシさん

www.house-stage.jp/

MAMORUは家での暮らしを心豊かにという想いで企画しました。
家で仕事したり、YouTubeみたり漫画みたり…そんな普通な日常を豊かにゆっくり暮らせる家!

インテリアデザイナー
トモミさん

fun-nakamura.jp/

MAMORU暮らしを豊かに…テーマとし「安心、リラックスできる空間」をアースカラーを中心にやさしい色合いで壁紙を選びました。

資料請求・お問い合わせ